湘南美容外科 脱毛

エステで受ける脱毛と家庭用レーザー脱毛器の違い

最近では脱毛サロンへ通わなくとも、自宅で手軽に自分でできるケノンや、
トリアなどの家庭用脱毛機器も人気です。

 

エステで受けるレーザー脱毛と家庭用レーザー脱毛器の違い

 

脱毛サロンへ通うとなると、交通機関や車でせっかく行ったのに、
ものの15分程度で終了してしまいます。
それに加え、脱毛サロンだと何度も通わなければならないので、
それであれば、自宅でできる家庭用脱毛機器を使用して脱毛ケアを行う人も増えています。

 

脱毛はしたいけれど、脱毛サロンと家庭用脱毛器は具体的にどう違うのか?
それを今日はご紹介して行きたいと思います!

 

脱毛サロンと家庭用脱毛器の違い

脱毛サロンと家庭用脱毛器の違いは、正直なところ現代ではそれほど大差はありません。
エステティシャンにやってもらうか、自分でやるかの違いだけと言っても過言ではありません。
最近の家庭用脱毛器は、サロンと変わらないくらいの出力です。

 

一方、美容整形外科などのドクターが在籍している場合の医療レーザー脱毛は、
ドクターが在籍しているので、出力が高い機器を使用しています。

 

なので、脱毛サロンと家庭用脱毛器にはそれほど大差はありませんが、
医療レーザー脱毛は別物と考えた方がいいでしょう。
美容整形外科などの医療レーザー脱毛は、出力の高い機器を使用している為、
脱毛サロンや家庭用脱毛器よりも、毛がなくなるスピードが速く、肌トラブルにもドクターが在籍している為、
対応してもらえたりもするでしょう。

 

脱毛サロンと家庭用脱毛器には、それほど大差がないと書きましたが、
それでは脱毛サロンと家庭用脱毛器で脱毛をしていく場合、
どちらにもメリット・デメリットがありますので、そちらもご紹介していきたいと思います。

 

脱毛サロンでの脱毛のメリット

  • 背中や膝裏など、自分では見えずらく、家庭用脱毛器はやりずらいような場所でも、

    エステティシャンが施術をしてくれるので、ムラのない脱毛が望める。

 

家庭用脱毛器の脱毛のメリット

  • 好きなときに自宅で施術ができる。
  • お金をあまりかけずに、全身脱毛をすることができる。

 

脱毛サロンでの脱毛のデメリット

  • 数分で終了することなのに、その為だけにサロンへ通うのが大変。
  • 他の部位の営業をされることも考えられる。
  • 結構なお金がかかってしまう。

 

家庭用脱毛器の脱毛のデメリット

  • 背中など手の届きずらい部位は、自分で施術をするのには限界がある。
  • 自分で施術をする手間がかかる。
  • カートリッジの交換など、自己管理が必要になってくる部分もある。

 

 

どちらにも、それぞれメリットデメリットがあります。
しかし医療レーザー脱毛と比べると、両者に共通しているのが、
肌トラブルに関しては自己責任という部分です。