湘南美容外科 脱毛

レーザー脱毛でワキガは治る!?

湘南美容外科などの医療機関で受けることができるレーザー脱毛で脱毛すると、
ワキガが治ると誤った知識を持っている人がいますが、それは大きな間違いです!
ワキガの原因は、脇そのものが問題なのではなく、体質の問題です。

 

レーザー脱毛とわきが|レーザー脱毛でワキガはなくなるのか?

 

ワキガはアポクリン腺とエクリン腺から出た汗や糖質が、肌表面で分解されたり、
ストレスや疲労などで汗に老廃物を含んでおり、それらが細菌に触れたりすることで、
独特な特有の臭いを放っています。

 

濡れた洗濯物を想像することができますか?

 

洗濯が終わった直後は無臭ですが、その洗濯物を放っておくと生乾きの臭いだったり、
変な匂いがしますよね?

 

ワキガもその洗濯物と同じで、体から汗が出た段階では、その汗自体は本当は無臭なのです。
しかしそれらが細菌に触れることで、臭いを放つようになるのです。

 

レーザー脱毛は毛根や毛が生えてくる組織へダメージを与えて、毛を生えてこさせなくするものです。
ワキガの治療は、汗のもとや臭いのもととなっている汗腺を壊していく治療方法となるので、
レーザー脱毛はワキガの腺とは何ら関係のない場所へダメージを与えている為、
レーザー脱毛をしたからと言って、ワキガが治るというのは間違いです。

 

しかし脇毛がなくなることで、毛穴や毛などの雑菌が少なくなって、
細菌に触れる機会が減り、臭いが軽減するということはあるようです。

 

それを治ったと勘違いをした人が、脱毛をしてワキガが治った!
とおそらく言い始め、その誤った考えが浸透してしまったということでしょう。

 

また脱毛をした結果、ワキガになるという話もよくありますが、これも間違いです。
脱毛をすると、汗の量は確かに増える場合もあります。

 

毛根をレーザー脱毛で刺激することや、毛がなくなりただの毛穴の状態となった皮膚なので、
汗を抑えたり吸収するクッションがなくなったことから、汗の量が増えることはあるようです。

 

しかしこれも大体が一時的なものなことと、臭いのある汗が分泌されているわけではないので、
レーザー脱毛をしたからと言ってワキガが治るといったことや、ワキガになったということは誤った情報です。