湘南美容外科 脱毛

事前に知っておきたい、医療レーザー脱毛によるトラブル!

脱毛サロンの脱毛に比べて、湘南美容外科クリニックなどで受ける医療レーザー脱毛は
少ない回数で毛がなくなり、ドクターが在籍している場所での施術なので、安心できるし、
毛が早くなくなると注目を集め、人気の脱毛方法です。

 

医療レーザー脱毛で起こりうる脱毛トラブル・・・

 

医療レーザー脱毛は、脱毛サロンなどで使われている光脱毛に比べると、
出力が高い脱毛機器を使用している為、早くに効果を実感することができ、
早くに脱毛を完了させることができるのです。

 

しかしそんな医療レーザー脱毛で、トラブルが発生しているのも事実です。
医療レーザー脱毛で、実際にあったトラブルをご紹介したいと思います。

 

@赤み
医療レーザー脱毛は、光脱毛より出力が強いマシーンを使っている為、
施術後は赤みがでたりします。
しかしその赤みがなかなか消えなかったり、炎症を起こしてしまう場合もあります。

 

A吹き出ものやニキビなどが出た
照射後、吹き出ものやニキビが出てしまう場合もあります。

 

B火傷
出力が高すぎて火傷をしてしまうケース。
通常出力が低いものから試していき、段々出力を上げていくのですが、
この設定を誤ったりすると火傷をしてしまう場合があるようです。

 

C毛が濃くなってしまった
毛根へダメージを与えて脱毛をしていくのですが、毛根へダメージを与えた結果、
逆に毛根を活性化させることとなってしまい、毛が濃くなってしまう場合もあります。

 

D痒み
肌へ刺激を与えたことで、肌が敏感肌のようになってしまい、
痒みを感じたという報告もあるようです。

 

E金銭トラブル
脱毛サロンより痛みがある為、契約したものの、痛みに耐えられずに契約解除をしたいけれどできない
などといったケースや、脱毛サロンに比べてキャンセル料が高いケースもあります。
ここらへんは契約前にしっかり確認をしておきたい部分です。

 

もちろんトラブルがあった場合、医療レーザー脱毛に関してはドクターがいる為、
相談をするとすぐに内服薬や塗り薬を処方してもらうことができます。
そしてこういったトラブルやリスクについても、事前にドクターや看護師から説明を受けます。