湘南美容外科 脱毛

脱毛と毛周期の関係

脱毛は一般的に成長期の毛しか照射することができないと言われています。
その理由は、毛には段階や周期が存在しているからです。

 

脱毛と毛周期|成長期の毛しか脱毛できない理由・・・

 

毛の周期には細かい分類があるのですが、主に大きく分けると以下の3つに分けられます。

 

@成長期
成長期とは、毛が伸びてくる時期のことを言います。
皮膚や血管などから栄養を取り込み、皮膚の表面へ出てくる時期のことを成長期と言います。

 

A退行期
皮膚や血管から栄養を取り込むのをやめ、抜ける段階に入っている毛のことを退行期と言います。

 

B休止期
皮膚や血管から栄養は取り込まず、皮膚や毛穴のなかに、毛が留まっている状態の毛です。
この毛は放っておくと、そのうちまた成長期の毛となり、皮膚の表面へ出てきます。

 

このように毛は@〜Bを繰り返して、生え変わっていると言われています。

 

脱毛機器が成長期の毛にしか照射することができないのは、
栄養を取り込んでいる状態の毛に脱毛効果を発揮するからです。

 

次に脱毛機器が効果を表す部分として、黒い部分に反応すると言われており、
栄養を取り込んで黒々とした毛である成長期の毛に、脱毛機器は一番効果を発揮します。
退行期や休止期の毛は、栄養を取り込んでいない状態なので、
そういう毛にいくら脱毛機器で照射をしても、期待するような効果は得られないということなのです。

 

以上の理由から、脱毛機器は成長期の毛にしか照射することができないと言われています。

 

脱毛サロンや家庭用脱毛機器の脱毛も、美容整形外科などで行う医療レーザー脱毛も、
両方この成長期に照射をします。

 

しかし脱毛サロンや家庭用脱毛器木と、湘南美容外科などの美容整形外科などで行う脱毛機器は
威力が違うことと、範囲が違います。
脱毛サロンや家庭用脱毛機器だと、ドクターが在籍していない為、
威力が弱く、光が回りに飛び散るように、広範囲に渡って施術がされてしまいます。

 

なので成長期の皮膚の奥底や血管まできちんと行き渡らず、
何度も施術が必要となってしまいます。

 

一方の医療レーザー脱毛は、ピンポイントで成長期の毛の皮膚・血管の奥底まで照射される為、
とても効果的で成長期の毛を抹消させる力に優れていると言われています。